MAYUFES » 【プロ直伝】メンズの眉毛完全攻略 » 似合う眉毛を見つけるには?

似合う眉毛を見つけるには?

公開日: |最終更新日時:

自分に似合う眉毛を知るには、①眉毛の黄金比を知る
②輪郭ごとに似合う眉毛を知る
③目の大きさで似合う眉毛を知る
という3つのポイントを押さえるのが大事。

押さえるポイントちょっと多いよ!と思うかもしれませんが、顔の印象を大きく変える眉毛なので、手抜きは厳禁です。

まず眉毛の黄金比を知ろう

理想の眉の黄金比

眉毛と顔のバランスの黄金比。眉毛・目・鼻のバランスを守ることで、自然で美しい眉毛が完成します。

眉毛の黄金比①眉頭は目頭の真上

眉頭(眉毛の始まり部分)の位置を決めることは、理想的なバランスの眉毛にするための第一歩であり、外せないポイント。

最適な眉頭の位置は、目頭の真上あたり。

気をつけたいポイントは2点。眉頭が目頭より内側に入り、眉間が狭い状態になること。気難しそうな印象、見た目がきつい印象になります。

また、逆に眉頭が目頭よりも外側で眉間が広すぎる状態になると、幼い印象を与えます。やさしい印象を通り越して頼りないともとられるので、注意が必要です。

眉毛の黄金比②
眉尻は口角と目尻を結んだ線の延長線上

眉毛の終わりの部分である眉尻は、口角と目尻を結んだ線をそのまま延ばした延長線上にするのがベスト。この適度なバランスを保つことで、自然な印象をキープできます。

この延長線上よりも眉尻が短いと、幼く・ぼんやりした印象に。逆に長すぎると、古臭い・不自然な印象を与えてしまいます。

眉毛の黄金比③眉頭と眉尻は一直線状

眉頭と眉尻は一直線状になるようにしましょう。

眉毛の黄金比④
眉山は眉毛全体の1/4のところ

眉山とは、眉毛のなかで一番高くなる部分で、この位置こそが顔の印象を大きく左右するポイントになります。

近年は白目の終わりの真上、つまり、「眉毛の1/4の位置」が今風だと言われています。

ちなみに、眉山を黒目の外側よりも内側にすると、間の抜けた感じの印象になり、逆に、黒目の外側と目尻の中間部分の真上よりも外側に眉山をもってくると、顔がのっぺりとして見えるので、注意しましょう。

理想の眉の黄金比を試したあとのBeforeAfter

黄金比を守って眉を整えた人のBefore・Afterです。

どうでしょう?印象がまったく違うのではないでしょうか。

自分に似合う眉毛は輪郭でも違う!

自分に似合う眉毛は輪郭でも判断することができます。

そこで、「逆三角形」「ベース型」「ダイヤモンド型」「丸顔」「たまご型」「面長」という6つの主な輪郭別に、似合う眉毛の形を解説していきたいと思います。参考にしてみてください。

丸顔タイプ

ふっくらとした丸みのあるフェイスラインの男性には、アーチ型で眉山がシャープになった眉毛がよく似合います。

“眉山がシャープ”というところがポイントで、これにより輪郭の丸みを中和させ、すっきりとした印象を演出することができます!

逆三角形タイプ

耳から顎にかけてのラインがシャープな逆三角形の輪郭には、カーブを強調させた丸みのある眉毛が好相性です。

カーブを印象付けることによって、フェイスラインのシャープさが中和され、やさしい印象をプラスできます。

ベースタイプ

エラがしっかりとしていて丸みの少ないベース型の輪郭には、やや長めの“への字”の眉毛がぴったりです。

“への字”の眉毛は、眉頭の位置を低めにして眉山までの角度を大きめにし、眉尻は下に向かわせることで作れます。そして、やや長めにすることにより、エラの印象を薄くすることが期待できます。

ダイヤモンドタイプ

頬骨が張っているダイヤモンド型の輪郭の男性には、細めで横に長いアーチ型の眉毛がおすすめ。

細長い形にすることで、頬骨が強調されるのを防ぐことができます。

面長タイプ

縦長シルエットの面長タイプには、平行ラインの眉毛が似合います。

横に長い形にすることによって、縦長な輪郭が強調されるのを防げるのです。

たまご型タイプ

バランスの良いたまご型の輪郭にはいろいろな形の眉毛が似合いますが、とくにおすすめなのは、斜めにまっすぐ伸びた眉毛です。

角度を極端につけ過ぎないようにすることで、きれいなフェイスラインが引き立つでしょう。

目の大きさによっても
似合う眉毛は違う!

目が大きい人と小さい人

輪郭別に似合う眉毛の形を紹介しましたが、より自分に合う眉毛を手に入れるには、目の大きさにも注目してみましょう。

以下に、目の大きな人と小さな人、それぞれに似合う眉毛の傾向をまとめました。

目の大きな人に似合う眉毛

パッチリとした大きな目の男性は、太くて濃い眉毛にすると、自分の顔の良さを活かせます。細い眉毛にしてしまうと目だけが極端に目立ち、全体のバランスが崩れてしまうので気を付けましょう。

目の小さな人・細い人に似合う眉毛

小さな目や切れ長の目の男性には、シャープな印象の細い眉毛がマッチします。太くて濃い眉毛にすると、眉毛が際立って野暮ったい印象になりかねないため、要注意です。

プロの一言アドバイス

メンズ眉サロン「プラスエイト」代表
佐々木 啓介

プラスエイトロゴ

「似合う眉毛」も大事ですが、「なりたい眉毛」も大事。

なので、うちのサロンでは、カウンセリングで「どういう印象を与えたいか」を聞くようにしています。

似合う眉もなりたい眉もぼんやりしているという場合は、ぜひサロンへきてみてください。

一度眉毛をデザインしておけば、その後はムダ毛が生えてきた部分だけを処理すれば良いので、さほど難しくはありません。ただし、処理後のスキンケアはお忘れなく。せっかく眉毛が整っても、お肌が荒れては台無しです。

JAPAN BROWTIST SCHOOL・
代表 福森 鈴子

JAPAN BROWTIST SCHOOL 代表取締役 福森 鈴子

「眉は顔のNo.2」。

目の次に、顔を、表情を物語る大切なパーツです。顔を生かすも殺すも眉次第。本格的に整えると、顔つきから変わり、性格まで明るくなった人をたくさんみてきました。

眉を整えるだけの「整眉(せいび)」は自分ではできても、眉をデザインすることで顔すらデザインする「整顔眉®(せいがんび)」とは全く別物。

一度、嘘だと思って眉をデザインしてみてもらってください。

表参道の隠れ家ヘアサロン
「One day」O.D.A

ヘアサロン「One day」オーナー・店長 O.D.A

自分をどんな風に見せたいかをまず考えるといいかと思います。

仕事の立場上しっかりして見られたいとか、優しそうに見られたいとか。

男性は髪と同じぐらい眉で印象を変えられます。

造り方ひとつで強くも柔らかくも。

今は脱毛だけじゃなく眉毛エクステもあるぐらいなので、理想の自分を手に入れるのは難しくないかもしれません。

その他のプロ×眉毛記事

⽇本全国
メンズ眉サロンガイド

北海道
北海道
東北
宮城
関東
東海
愛知
関⻄
中国・四国
広島
九州
沖縄
沖縄